保証金を高額に貰えるコツ


出稼ぎ風俗で働く女性にとって最も重要となる『保証金』を沢山もらえる為のコツを関係者に聞いてみました。
是非、下記意見を参考に高額な保証金をいただける為のコツを理解して面接に臨んでください。

 


[意見1:風俗系広告代理店勤務 営業26歳男性]

保証制度をきちんと実施している風俗店が、上手く見付ける事が出来て、そのお店へと在籍し、正式に働くと決定したのならば、以降では、保証金額の交渉を実行に移して行く事を、強くお勧め致します。

それぞれの風俗業者によってでは、この保証金額を交渉次第により、増額してくれるお店などが、結構多く実在したりするからです。

風俗店側とは、全ての風俗嬢に対して、多額の保証金を提供している訳では、決してございません。

殆どの風俗業者は、キレイで清潔感があったり、顔立ちやスタイルなどが、抜群に良かったり、男性客から沢山指名が入りそうだと、直ぐに感じたのであれば、条件など一切付けずに、大きい保証額などを、積極的に提示して来ます。

田舎の地域などから、東京などの都会へと上京して来た、出稼ぎの女性の場合では、予め実際に面会して、直接面接する事が、かなり難しかったりします。

その為大半の風俗店では、携帯やスマホなどで写真撮影を依頼して、メールに載せて送信してもらい、それからメールや電話などを通して、質問に条件のやり取りなどを、じっくりと交わして行くようにします。

この時に肝心なコツとなるのが、携帯電話やスマートフォンなどで、撮った写真となります。

上手にカメラに収める為には、キレイで落ち着きのある衣服などを、進んで身に纏い、正面を向いておきながら、顔の写真を撮影する事です。

上記の撮影方法などは、風俗業者のスタッフへと、必ず好印象を与えて行く、大きなポイントになって来ます。

絶対に止めて頂きたい撮り方とは、顔を真っ直ぐとせずに、伏せたままでの姿勢や、カメラのレンズへと、視線を向ける事などなく、横顔の状態により、シャッターを押してしまう行為などです。

これらの方法により写真を撮って、メールに画像を添付して、送ってしてしまうと、風俗店のスタッフは、ルックスのレベルなどを、上手く見極める事が出来ないので、保証金が全然増えないケースなどが、どうしても出て来てしまうからです。


[意見2:風俗系広告代理店勤務 営業30歳男性]

出稼ぎ風俗求人で、大きい保証金を確実に貰えるようにする為に、最も大切なコツとなって来るものが、携帯やスマホの端末などにより、撮影した写真であります。

殆どの風俗店では、面接を実行に移す際に、前以て1度出向いてもらって、お店で直接行う事が、お金の都合上、どうしても困難である為、メールや電話などを活用して、上手くやって行くようにしているからです。

保証金額を必ず上げて行く為には、面接を担当している、風俗業者に勤務する店員へと、好印象をしっかりと与える事が出来なければ、残念ながら難しくなってしまいます。

そうならない為にも、写真を撮る時では、カメラのレンズの中央を、絶対に見つめるようにして行きます。

キレイな姿勢によって、正面を向いて行き、化粧などを極力薄くして、派手な服装などは避けておき、出来るだけ清潔感があり、落ち着きのある格好をしながら、シャッターを切って行くようにします。

面接を行う風俗店の従業員が、すんなりと判断を下せるように、正面の状態により、カメラに収めた顔写真などを、少なくとも2枚ほどメールへと添付して、送信して行くと、好感度がグッと急上昇します。

従って保証金が増額する可能性なども、大いに期待する事が出来ます。

顔写真は特に重要であり、保証金を確実にアップさせる為には、かなり貴重となる、最大のポイントにもなって来ます。

他にも身体全身を撮影する事が、面接を受ける際では、絶対に必要不可欠となって来ます。

この場合においてでも、面接を実施する風俗業者の店員へと、良い印象を必ず齎す為に、顔写真と同様、正しい体勢により、正面を向いてカメラの収める事が、とても肝心になって来ます。

※自らが1番自信を持っている、魅力的なポイントなどを上手に引き出し、キレイに撮る方法なども、大変効果的なので、是非やって見て下さい。


[意見3:風俗系広告代理店勤務 営業27歳男性]

出稼ぎ風俗で高く保証金を貰えるコツという事でこのことは働く側としたら一番気になる所だと思います。

昨今インターネットの世の中ですので皆さんはスマートフォン片手にどのお店が保証金が高いかを調べることと思います。

そしてだいたいのお店が3万円~6万円の間になりますが、稀に8万円や9万円と言ったお店もあります。

しかしあまり高いお店と言うのは何か裏がある場合があるのであまりにも保証金目当てに申し込みをするのも危険かも知れません。

また中にはホームページには保証金制度があると書いてあったのに実際に面接に行ったら無いと言われる場合もあるので広告の内容が本当かを確認することも大切です。

でもお店側としてはどの様な女性に高い保証金を払おうと思うのでしょうか。

もし皆さまが地方に出稼ぎ風俗に行くとすると直接面接は出来ませんのでここで大切になって来るのがお店に送る写真です。

結局の所は自分を可愛く見せようと思って角度を変えたり過度なメイクをして写真を撮っても実際お店に行った時に写真と違うと言われて災厄帰されてしまいます。

なので基本的なメイクのみで向きは正面から撮ります。

またボディーラインが分かる写真も必要になりますがこれも顔写真と同じでダボダボの服だとお店側としては高い保証金を払えるかの判断すら出来ませんので比較的タイトな洋服で正面と側面からの2枚を準備する様にしましょう。

結果としてはありのままの姿の写真を送ることこそが高い保証金を払えるかどうかの判断材料になるのです。