出稼ぎ風俗のトラブル


紹介料、広告料、キャンセル料…出稼ぎ風俗でトラブルになる名目は多数

初診料、事務手数料、仲介費…。世の中には、こういった見えないサービス料というのがよく発生しますよね。

風俗の世界でもそうです。風俗でも事務所とお客さん、在籍する女性と様々な関係があるので、手数料というのは発生する場合があります。

そういった手数料などの諸費用は、かかるところがあってもしょうがないでしょう。

しかし、いけないのはかかる諸費用を女性に全くなにも言わないで、給料から天引きしてしまう事務所です。

出稼ぎ風俗をしたいと思って、求人では時給がいくらとか、宿泊費がいくらだとかいう良いところが書いてあるとします。

しかし実際に出稼ぎをしてみると、様々な名目でお金を天引きされていたというトラブルもあります。

例えば、宿泊するホテルを案内してあげたから紹介料をとられる、顔写真を撮ってお店のネットに紹介するための紹介料、書類を作成するための事務手数料、体調不良で仕事をキャンセルしたらキャンセル料…。

なかには、なんの経費か分からないのに手数料として給料が引かれているというトラブルまであります。

出稼ぎという、土地勘がなくてお店の情報も少ない女性の立場を利用しているお店もあり、なかなかおかしいんじゃない?とは言えませんよね。

トラブルを防ぐためには、お仕事の給料の話をする時になにか給料から天引きされるものがないか確認しましょう。

お仕事の話を、スマホの録音機能で隠し撮りするぐらいでもいいと思います。なにかトラブルがあったら、それが証拠になりますよね。


出稼ぎ風俗求人は給料が減った、もらえないというトラブルもある

出稼ぎ風俗求人は優良のものが多いのですが、なかには「えっ!?」とするような詐欺まがいの求人まであります。

そのトラブルでよく聞くのが、給料が減らされたとかもらえないというケースです。

求人では「‥日で‥万円のお支払い!」とか「保証制度あり。」などの良い事が書いてあります。

だけども、実際に求人に載っていたお店の人が現れると「後から詳しい事は話をするから、とりあえずお客様のところに行ってきて。」

とか「仕事が終わったら、事務所に連れていくよ。」などの適当な事を言われてしまいます。

そして、訳が分からず働くだけ働いたのに、あれやこれやで給料がらみのトラブルがあります。

「今、店長がいないから事務所に連れていけなくて‥。」「書類忘れちゃった!次でいい?」と給料の話をなかなかしてくれなかったり、

働いた後で「実はシステムが変わって、給料が少なくなったんだよね。」とか「あれっ?言ってなかった?」と様々な理由をつけたりしらばっくれて給料を減らします。

こういったトラブルを回避するためには、求人に電話なりメールをした時にお仕事の詳細や給料について聞いておく事です。

いくら求人に詳しく書いてあっても、もう一度聞きましょう。

そして、書類などの事務手続きを済ませてからお仕事をしましょう。

給料について先に話をしない会社は怪しいです。もしそういった会社に遭遇してしまったならば、勇気を出して弁護士に相談しましょう。

相談は無料という弁護士は多いですよ。


出稼ぎ風俗では、保証料に要注意

出稼ぎ風俗のトラブルでありがちなのが、保証料についてです。「保証があるから、損はしない。」「安心して出稼ぎができる!」出稼ぎの保証のメリットは、お金を確実にもらえる点です。

しかし裏を返せば、お金を確実にあげるならばお店としては、風俗嬢を思うままに動かせるという事になります。

例えば、出稼ぎのデリへルです。デリへルの職場は、主にラブホテルです。多くの男性がホテルで待機して、嬢はそこにいきます。

しかし中には、自宅に嬢を呼びたいという人もいます。ホテルだと男性はホテル代を払わなきゃいけないので、自宅ならば余分なお金が出費しないですよね。

自宅でも、ホテルでもどこでも出張できるから大丈夫!という風俗嬢ならば良いかと思いますが、なかには自宅NGにしたい嬢もいるでしょう。

自宅だと何かあった時に怖いとか、男性宅が汚い、お風呂にカビが生えていて気持ち悪いなどの生理的に無理という嬢もいます。

保証がない嬢ならば、稼いだ分だけ自分のものなので自宅NGにできます。しかし出稼ぎで保証がついていると、自宅でもどこでも出張せざるを得ない場合もあります。

また、有料のオプションを全てこなさなきゃいけないなどの、自分ができない事までやんなきゃいけないという事態もあり得ます。

保証がついているからラッキー!ではなくて、なぜ保証がついているのか、条件はなんなのかよく確認しておきましょう。

それが、トラブルを防ぐための方法です。おいしい話には裏があると思って下さいね。


Sorry, comments are closed!