初心者編(こんなお店では働くな)


初めて出稼ぎ風俗に行く時は、右も左も分からずに立ち往生をしたり、心配になってしまうものですよね。

そこで、出稼ぎ風俗前でも出稼ぎ風俗として上京してしまった後でも「こんなお店は辞めた方いい」という意見を関係者に聞いてみました。


[意見1:風俗系広告代理店勤務 営業26歳男性]

話が違う!話がない!となったら、すぐに出稼ぎを中止にしましょう!

 

出稼ぎ風俗のトラブルで多いのが、出稼ぎ前と上京後で話が違うというトラブルです。

出稼ぎ前はホテルの宿泊割引があると言っていたのに、実際はない‥。バックの金額が、出稼ぎ前に比べて少ない‥。

そういった事があれば、そのお店はもしかしたら詐欺店かもしれません。

詐欺店とは、お客さんからも不正に金銭を出しとるようなお店です。

その片棒を担がされる場合もあるので、早めにお店を辞めた方がいいです。

だけども、辞めるとなった時にお店が言うのは「交通費を返せ。」とか「キャンセル料をとる。」という脅しです。

そうなると、弱いのは女性側ですよね。警察は事件にならなければ関与してくれない可能性が高いです。

しかも管轄の警察は上京した先の警察なので、今後の相談が難しくなります。

だから弁護士に相談となります。弁護士ならば、相手と交渉もしてくれます。

出稼ぎ前に保証額について話をしていたりなどしっかりと話をした後でも、上京後にもきちんと話をしておきましょう。

もし話をそらすならば、働く前にそんなお店を辞めてしまいましょう。

また、働き始める前に保証額や宿泊費についての話がないお店も、辞めておきましょう。

後からトラブルになると、弱いのは女性です。


[意見2:風俗系広告代理店勤務 営業30歳男性]

初めて出稼ぎ風俗をやるならば、小さな会社よりも大手で。

出稼ぎ風俗をやる時に、もし初めての出稼ぎだったならばなるべく小さな会社にはいかない方が良いです。

小さな会社がいけないとか、詐欺店だからというわけではありません。

小さな会社でも、女性を大切にしてくれる会社はたくさんあります。

なぜ避けた方が良いのかというと、小さいとトラブルに合いやすいかもしれないからです。

小さな会社というのは、大手に比べると経営状態があまり安定していない会社かもしれません。

そうなると、客足が全体的に良くなかったから保証額を下げようという話になるかもしれません。

また、小さな会社で無名だと詐欺会社が紛れ込んでいる可能性もあります。

詐欺だと、給料が支払われないや話が違うなどの被害にあってしまう可能性もあります。

風俗に限らず、詐欺会社は架空の会社名を使うので会社名はあまり聞いた事がない名前という場合が多いです。

大手で一度は聞いた事がある会社名ならば、詐欺にあうというトラブルを未然に防ぐ事ができます。

そのため、安心感はあるかと思います。

しかし、大手会社名を許可なく使った詐欺もあるので出稼ぎ先に到着するまでは気を抜いてはいけません。

また、大手ならばある程度の売り上げはあるというのが予想できるので、保証額も上がりやすいです。

そして、出稼ぎ中に保証額が下げられたという事も少ないと思います。

ただし、その代わりに大手だと出稼ぎ先のお店だけではなくて、グループ会社でもはしごで働くように言われるかもしれません。
その時は稼ぐチャンスなので、快く引き受けましょう。


[意見3:風俗系広告代理店勤務 営業27歳男性]

お店を選ぶ上で注意するべき点がいくつかある

まず、寮費を店が負担してくれるところを選ぶべきです。

というのも、地方から出稼ぎにくる子は寝泊まりする場所が必要になります。

ホテルをとったんじゃ、せっかく稼いでもその分の費用がかさみ見入りは少なくなってしまいます。

出稼ぎ風俗で稼ぐには、いかに滞在費を節約するかがポイントになるので、寮費を支給してくれる店を選ぶべきでしょう。

寮を完備していないところや寮費は自腹のところは、なるべくさけた方が無難です。

次に、交通費支給があるかないかも重要。

例えば青森に住んでいる子が、都内の風俗店に出稼ぎでくる場合は往復の交通費は結構な金額になってしまいます。

ですから、交通費往復分を店側が負担してくれるかはとっても重要になります。

都内の店に出稼ぎにいくなら、関東近県の方ならまだしも、東北などの遠方の人は交通費支給がない店はまずさけるべきです。

出稼ぎにきても、指名が入らなければ思ったよりも稼げない事も想定されるので、上記2点の条件を満たす店に応募し、少しでも経費を節約して効率よく稼ぎましょう